乳製品って体にいいの!?:酵素ダイエット&食べ合わせダイエットで痩せる オフィシャルサイト

乳製品って体にいいの!?

昨晩NHKのためしてガッテンをみたんです。
テーマは「足の爪」だったんですが、とーーってもためになりましたー。

 

足の爪が、巻いてしまう、「巻き爪」って痛いですよね?
その大元の原因は、

 

「足先にかかる圧力が足りないこと」
だそうです。これには、驚きました!

 

そのためには、
1、足の爪を切る時に、指先のところまで爪を残してきる。
2、自分の足にあった靴を履く

 

ことが大切なようです。
特に1の爪の切り方は参考になりました。

 

爪を切り過ぎてしまうと、爪が指先の肉に食い込み痛いので、
足先まで十分圧力をかけて歩くことを避けてしまうそうです。

 

そうなると圧力が不足して巻き爪になっていく・・・
人間の体って、ほんとに面白いなー、っと思いました。^^

 

■==================================================

さて今日は、乳製品の害について書きたいと思います。

 

乳製品というと、牛乳や、チーズ、ヨーグルトなど
いろいろありますよね。

 

こどものころは、「大きくなるためには牛乳を飲みなさい」
などと言われて育ったものです。

 

乳製品は、
・カルシウムが豊富
・良質なたんぱく質源

 

として、ごくごく普通に食卓に並べられてきました。
特に、戦後日本では消費量が急増しましたね。

 

■==================================================

ところがこの乳製品は、酵素ダイエット方法では
あまり好ましい食品ではありません。

 

特に、牛乳は絶対に避けたい食品です。

 

乳製品には「カゼイン」という、体の中で粘着性をおびる物質が
含まれています。

 

体の中に入ると、粘着質なので、他のいろいろな老廃物を
くっつけながら胃や腸を進んでいきます。

 

しかし、腸は長い管で入り組んだ構造になっているため、
なかなか排出されないのです。

 

老廃物をくっつけながら進んでいきますので、
その分、体重も増加します。

 

何より体内に長時間留まっているので、
体はそれをなんとか分解・浄化しようと
たくさんの酵素をむだづかいしてしまうのです。

 

ちなみに、この「カゼイン」。
木工用ボンドにも使われているそうです・・・
恐ろしいですね。。。

 

■==================================================

また、牛乳は酪農農家で生成されるときに「攪拌(かくはん)」
されています。

 

牛乳の濃さを均一にするために「ホモゲナイズ(均一化)」
されているのです。

 

牛乳が大きなへらで、何回転もかき混ぜられると
酸素がどんどん牛乳の中に入っていって、
酸化してしまいます。

 

牛乳は多くの脂質(脂肪分)を含みますから
酸化した脂質を多く含むことになります。
これを「過酸化脂質」といいます。

 

つまるところ、牛乳を飲むことは「酸化された牛乳」
つまり「錆びた脂(あぶら)」を
飲んでいるようなものなのです。

 

錆びた脂が体内に入ったら、胃腸・肝臓・腎臓がどれだけ
重労働を強いられることになるのか、

 

どれだけ、体内酵素が浪費されることになるのか
お分かり頂けると思います。

 

■==================================================

牛乳は生成過程で、殺菌を行います。

 

酵素は48度で活性を失っていきますから、
ほとんどの牛乳は、
酵素の活性が失われているといってよいでしょう。

 

「でも、カルシウムの補給源として
 乳製品はいいんじゃないの!?」

 

とおっしゃる方がおられます。
もし乳製品が逆に私たちの体から

 

「カルシウムを奪う食品」
だとしたら、あなたはどうしますか?

 

乳製品は体内においては、
強力な酸性形成食品です。

 

体が酸性に傾くと、
体はアルカリ性の物質を体内のあるところから持ってきて
それを「中和」しようとします。

 

そのあるところとは!?

 

それは、ズバリ「骨」です。
骨の中のカルシウム分=アルカリ性なので、
骨のカルシウム成分を奪って、

 

それで体は酸性に傾いた体を
中和させようとするのです。

 

つまり、乳製品は骨からカルシウムを「奪う」
カルシウム泥棒だったのです!><

 

驚きましたか?
普段我々が常識と思っていることが、
実は180度違っていた、ということがほんとにあるのです。

 

いつも申し上げている通り
私はあなたに「本質」を探る目を養って頂きたいと
思っています。

 

世間の常識に流されていたのでは、
いつまでたってもこの「本質」にはたどり着きません。

 

くれぐれも「世の中の噂・常識」には
お気をつけ頂きたいと思います。

 

■==================================================

「乳製品が避けたい食品だというのは、分かりました。
 でも、乳製品が大好きなので、どうにかして
 食べる方法はありませんか?」

 

こんな人に2つのアドバイスを。

 

1つ目は、牛乳は絶対に避けて、食べるとしたら、
ヨーグルトかチーズを食べる。

 

ただしヨーグルトの原料を必ず確認して、「生乳」であるものを選ぶこと。
また、チーズはプロセスチーズは避けて、ナチュラルチーズを食べること。

 

ヨーグルトやチーズは、牛乳をベースに、発酵させた食品です。
発酵の過程で、本来そのものにはなかった食用に有益な物質が
生まれるのです。(これは、味噌やしょうゆ、キムチなどと同じです。)

 

ですから、牛乳を飲むくらいなら、
ヨーグルトやチーズを食べた方が「まだまし」ということです。

 

アドバイスの2つ目は
「乳製品を食べる前に、酵素サプリメントを飲む」です。

 

ご存知の方もいると思うのですが、
アジア人には、乳製品に含まれる「乳糖(にゅうとう)」を
分解する酵素「ラクターゼ」を体内に持つ人が少ないため、

 

乳製品、特に牛乳を飲むと、おなかがゴロゴロ鳴ったり、
下痢をしたりする人が多くいます。

 

「ラクターゼ」が含まれている酵素サプリメントを
乳製品を食べる前に飲めば、消化をスムーズにし、
乳製品の害を最小限にすることができます。

 

私が唯一信頼している会社の、酵素サプリメントは、↓をクリックして
http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid=10675185&pid=413821&oid=7742&hid=167010&aftype=pct10
見てみて下さいね♪^^

 

■==================================================

(本日のまとめ)

■乳製品は避けたい食品である。なぜなら・・・

・粘着物質「カゼイン」を含み老廃物を体内に溜め込むから。
・錆びた脂を食べているようなものだから。
・酵素の活性が失われていて、体内酵素を浪費するから。
・体を酸性に傾け、骨からカルシウム成分を奪うから。


■どうしても食べたいなら・・・

・牛乳は絶対避けて、ヨーグルトかチーズを食べる。
・ヨーグルトは原料が生乳のものを。
・チーズはプロセスチーズは避けて、ナチュラルチーズを。
・乳製品を食べる前に、ラクターゼを含む酵素サプリメントを飲む。

 

今日も、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!^^



■管理人の小瀧が執筆したマニュアル:
『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』


■管理人が唯一信頼している愛用している酵素サプリメント:
『ウルトラ酵素サプリメント』


■管理人が短期間で痩せたい人にオススメしている脂肪燃焼セット:
『脂肪燃焼フルセット』


■管理人の小瀧が執筆した3ヶ月サポート付き有料ダイエットマニュアルで、あなたも本当のダイエット方法を学んでみませんか?⇒>> 『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』