よくある質問・FAQ の記事一覧:酵素ダイエット&食べ合わせダイエットで痩せる オフィシャルサイト

未来の記事へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 過去の記事へ

牛乳の代わりになる飲み物とは!?

読者の方からご質問を頂きました。

 

***************************************************
「牛乳は飲まない方がいいのでしょうか?
 その代わりに豆乳だったら大丈夫なのでしょうか?」
***************************************************

 

お答え致します。

 


私は牛乳はなんとしても避けた方がよい食品だと
思っています。

 


人間のからだで処理できないカゼインというたんぱく質
を大量に含んでおり、その対応で酵素が激減します。

 


牛乳には他にもコレステロールや脂肪も含まれています。

 


牛乳を常食すると、下記のような病気にもなりやすく
なります。

 


・肥満(特に子供)
・中耳炎
・扁桃腺炎
・便秘
・肺がん・大腸がん・乳がん・前立腺がん
・心臓病
・鼻炎
・貧血
・花粉症(特に大人)
・喘息
・アトピー
・じんましん
・ADHD(注意欠陥・多動性障害)
・乳糖不対症
・小児糖尿病
・骨粗鬆症
・慢性関節リウマチ

 


豆乳は牛乳よりも、ずっと好ましい食品です。

 


豆乳には上記のような心配がありませんので
牛乳の代わりとして優れています。

 


ただし、豆乳でも「甘い豆乳」ってありますよね。
そう、砂糖が添加されている豆乳です。
原材料名の欄の記入を必ずご確認下さい。

 


砂糖が添加されている豆乳はオススメできません。
「カロリーが高いから」などという低次元な理由ではなく
砂糖は胃の中で「発酵・腐敗」を促す物質だからです。

 


砂糖の他にも、甘味料や香料などが加えられている
豆乳はオススメできません。

 


牛乳と豆乳の100g中の栄養素を比較してみましょう。

 


 ■エネルギー
 ・牛乳 67kcal
 ・豆乳 46kcal


 ■たんぱく質
 ・牛乳 3.3g
 ・豆乳 3.6g


 ■脂質
 ・牛乳 3.8g
 ・豆乳 2.0g


 ■炭水化物
 ・牛乳 4.8g
 ・豆乳 3.1g


 ■鉄
 ・牛乳 ほぼ0mg
 ・豆乳 1.2mg

 


豆乳は牛乳と比べ、同じ量でも
エネルギーで31%もカロリーが低いです。

 


にもかかわらず、たんぱく質は
牛乳よりも多く含まれています。

 


また気になる脂質も牛乳の約「半分」。
おまけに鉄分も牛乳よりずっと豊富です。

 


豆乳はこれらの栄養素で比較した場合
牛乳よりずっと優れていることが分かると思います。

 


また、豆乳や豆腐は大豆から作られています。
大豆製品は、肉や牛乳のような動物性食品よりも

 


・低コレステロール

・低脂肪

・優れたたんぱく源

・心臓病やがんを予防するファイトケミカルを
 豊富に含んでいる

 


ので、からだに良い食べ物であるといえます。

 


ただ、大豆よりもっと体によい、
たんぱく源が実はあります。

 


それは、あまり食卓にのることのないものなのですが、
聞けばなじみのある食べ物です。

 


これについては、いつか、メルマガ上のみで記事にしようと
思っていますので(このブログでは公開しませんので)

 


メルマガにご登録されてない方はいまのうちにご登録を
お忘れなく!!

 (登録はこのページの上のオレンジ色のフォームでご登録下さい。 )

 



■管理人の小瀧が執筆したマニュアル:
『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』


■管理人が唯一信頼している愛用している酵素サプリメント:
『ウルトラ酵素サプリメント』


■管理人が短期間で痩せたい人にオススメしている脂肪燃焼セット:
『脂肪燃焼フルセット』


タグ

未来の記事へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 過去の記事へ

■管理人の小瀧が執筆した3ヶ月サポート付き有料ダイエットマニュアルで、あなたも本当のダイエット方法を学んでみませんか?⇒>> 『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』