甘い果物は体内カルシウムを奪うのか否か!?:酵素ダイエット&食べ合わせダイエットで痩せる オフィシャルサイト

甘い果物は体内カルシウムを奪うのか否か!?

前回の果物の食べ合わせの記事は、大きな反響を頂きました。
酵素ダイエット・食べ合わせダイエットに詳しい人からすると
ごくごく普通の内容なのですが、

 


こうみてみると、やはり日本の栄養学を取り巻く環境は
まだまだ遅れていると言わざるを得ないかもしれません。

 


特に今の世の中は、
「本当の情報」が見えにくくなっています。

 


企業やCM・広告の裏には、スポンサー・出資者など
その裏に「利害関係」が渦巻いていおり

 


私たち消費者は、仕組まれた上辺の広告や情報に騙されて
嘘の情報に踊らされないようにしなければいけません。

 


さて、読者さんから
このような質問を頂きました。

 


*******************************************************
■質問


酵素ダイエット・食べ合わせダイエットでは
果物を食べることをすすめています。


よく「甘いものを食べるとカルシウムが溶けて失われていく」
ということを聞きますが、


甘い果物を食べると、カルシウムが体から失われていく
ということはないのでしょうか?

*******************************************************

 


お答えします。

 


ふつう、糖分の代謝にはカルシウムが必要です。
お菓子などに含まれている糖分も消化されるには
カルシウムが必要です。

 


しかし、果物にはその糖代謝に必要なカルシウムが
十分に含まれています。

 

 

代表的な果物100g中にどのくらいのカルシウムが
含まれているか見てみましょう。

 


 ・いちご        17mg

 ・いちじく(生)    26mg

 ・みかん        21mg

 ・ネーブル       24mg

 ・キウイ        33mg

 ・グレープフルーツ   15mg

 ・さくらんぼ      13mg

 ・パインアップル    10mg

 ・パパイア       20mg

 ・マンゴー       15mg

 ・ラズベリー(生)   22mg

 


上のデータをみても分かる通り、
きちんと果物にはカルシウムが含まれています。

 


ですから、体内のカルシウムが奪われていくような
ことはありません。

 


私たちが気にしなくはいけないのは、


・砂糖

・白く精製された白米

・白く精製された白いパン

・白く精製された白い麺類
(うどん・そうめん・ラーメン・スパゲッティ)


です。
これらは精製過程でカルシウムが既に
奪われていますので、

 


含まれた糖分を代謝するときに
体の中に蓄えられたカルシウムを
奪ってこなければなりません。><

 


つまり、カルシウムが失われるのです。

 


なお、糖分よりも、もっと気をつけなければ
いけない「カルシウム泥棒」が実は2つあります。

 


それは、何だと思いますか!?

 


その2つのものを含んだものをずっと食べていると
骨がスカスカになる「骨粗鬆症」になる確率が
グンと高くなってしまいます。><

 


その2つは、みなさんが、日常的に
口にしている「あるもの」なのですが・・・

 


もし知りたい方がいらっしゃいましたら、
是非、2種類のブログランキングのバナーの
クリック応援をお願いいたします!^^

 


本日の応援クリック数が「50」を超えましたら、
明日、お答えの記事を書きたいと思います!!^^
(1種類のランキングでのクリック数でです。^^)



■管理人の小瀧が執筆したマニュアル:
『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』


■管理人が唯一信頼している愛用している酵素サプリメント:
『ウルトラ酵素サプリメント』


■管理人が短期間で痩せたい人にオススメしている脂肪燃焼セット:
『脂肪燃焼フルセット』


タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kouso.biz/mtos/mt-tb.cgi/77

■管理人の小瀧が執筆した3ヶ月サポート付き有料ダイエットマニュアルで、あなたも本当のダイエット方法を学んでみませんか?⇒>> 『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』