ドカ食いへのリベンジを果たそう!:酵素ダイエット&食べ合わせダイエットで痩せる オフィシャルサイト

ドカ食いへのリベンジを果たそう!

今日は、昨日お約束した
「飽食の時代の中での太らないための方法」
についてお伝えしたいと思います。

 

■==================================================


たいていの方は、朝にそれほど「飽食」に該当
するような食事はとらないと思いますので、
(朝食にドカ食いしたら、それは自殺行為ですよ!)


ここでは、


・昼にたくさん食べてしまった場合
・夜にたくさん食べてしまった場合


に分けて書いてみようと思います。

 

ポイントは、
「たくさん食べてしまった食事の、次の食事で
 リカバリーを図る」

ということです。


■==================================================


昼にめちゃくちゃな食べ合わせで、はちゃめちゃなほど
たくさん食べてしまった時、

 

皆さんならどうしますか!?

 

おやつもしっかり食べる!?

 

夕食もがっつり食べる!?

 

そんなやり方をしていたら、体重が
必ず増えてしまいますよ!!

 

昼にドカ食いしてしまったら、
私なら、まず、空腹感に着目して体の状態を見極めます。

 

空腹感は、普通そんなにでないはずです。

 

そして、大切なポイントは、
「空腹感が出る前に決して食べないこと!」

 

空腹感がでないということは、まだ胃腸での
消化が完全に終わっていないということ
だからです。

 

胃腸での消化が終わっていないのに、次の食べ物が
入ってきたら、胃腸は更なる重労働に強いられる
ことになり、体内酵素は激減してしまいます。

 

さて、空腹感がでてきましたら、
・生果物の搾りたてジュースか、
・生野菜の搾りたてジュース

のどちらかを飲み、夕食はこれだけで終えます。

 

液体ジュースが一番ダイエットには効果的ですが、
もしジュースを作るのが面倒ならば、


・固形の生果物(できれば1種類のみ)か、
・生サラダ(これは複数種類でも可)

を食べるとよいでしょう。

 

(液体のジュースは、胃腸に一切の負荷を与えることなく
スムーズに消化・吸収が完了するのです。)

 

以前の食べ合わせのルールの記事でも書いた通り、
基本的には、果物と野菜を混ぜて食べないで下さいね。
(例外はありますが、ここでは混乱を避けるため
言及しません。)

 

昼に重いものをたくさん食べてしまっているので、
消化酵素や胃腸に相当なダメージがあります。

 

リカバリーを図るために、
ごはん・パンなどのデンプン質(Eグループ)、
肉・魚・卵などのたんぱく質(Dグループ)、
こういった重い食事をとるのは避けるのです。


■==================================================


次に、夕食に、ハメを外すぐらいの大食いをしてしまったとき、
あなたならどうしますか?

 

翌日の朝食では、きっちりと

「ごはん・味噌汁・ひもの・納豆・野菜のおひたし」や
「バターつけたトースト・スクランブルエッグ・ハム・チーズ」

を食べて出勤されますか?

 

そんなことをしていたら、
消化酵素・代謝酵素は、間違いなく激減し、
体重・脂肪が増えてしまいますよ!!

 

朝食に関しては、私は基本的には
「生果物」しか許していません。

 

朝食に「ごはん」や「パン」など
しっかり食べないと、元気が出ない、頭が働かない、
と政府やメディアが言っているのは、

 

米や小麦、いろいろな食品を国民に売り込むための
罠、ただの宣伝だと私は思っています。
政府は経済を活性させなくてはいけませんからね。
背後にいろいろな国の戦略も渦巻いてますから。

 

以前にも記事に書きましたが、「排泄」のタイムサイクルである
朝4時~昼の12時の8時間内は、胃腸にとって重いものを食べるのは
ご法度です。

 

では、元気がでない、頭が働かない、
と言っている人はどうすればいいのか?

 

簡単なことです。生果物を食べればよいのです。
生果物はブドウ糖がほぼ消化されたのと近い形で存在しているため、
胃を通りすぎる時間が20分~30分です。(バナナだけ少し時間がかかり、
40分くらいはかかります。)

 

そのため、胃腸に非常に少ない負担で
朝起きたときに必要なブドウ糖=エネルギーを吸収できるのです。
これで、目が覚めない、頭がはたらなかい、力がでないという不満は
全部はねのけることができます。

 

また、果物に含まれている豊富な酵素を含んだ水分が
体の中にある未消化物質を完全に消化し、老廃物を排出し、
体内の浄化を促進してくれるのです。

 

以上のような理由から、生果物は朝食に最適なのです。

 

もし、朝起きて、空腹感がなく、何も食べる気が起きないなら、
その時は「何も食べないこと」です。

 

しかし、水分補給・老廃物排出のため、
ミネラルウォーターは飲んでくださいね。

 

もし、朝起きて、空腹感が若干ある、もしくは空腹感がなくても
何も食べないことには耐えられない、という人は、
生フルーツジュース or 生フルーツを食べて下さい。

 

何も食べないことは、フルーツを摂取すること以上に、
さらに「胃腸を休めてあげること」になります。

 

胃腸を休めてあげることにより、
前日夜に食べたもので未消化物質のものの消化と
体内浄化を促進するための余裕を体に与えてあげることが
できるのです。

 

夕食にドカ食いした翌朝の朝食として
私のおすすめは、「何も食べないこと」です。

 

どうしても何も食べずにはいられない、という方だけ
生フルーツジュース or 生フルーツを食べて下さいね。

 

いかがでしたでしょうか?
「ドカ食いした次の食事で、必ずリカバリーを図る!」
とうのが鉄則です。

 

この、美味しいものが溢れた、飽食の時代。
この鉄則をうまく利用して

 

これからも美味しいものを賢く頂いて、
健康に生きていきましょう!

 

さて、先日から「人気ダイエットブログランキング」に参加しています。
下記のURLをクリックすると、私のブログを応援することに
なりますので、私の記事がお役に立てていましたら、
是非、皆さまのあたたかい、応援クリックをよろしくお願い致します!^^

http://blog.with2.net/link.php?655089


この間まで250位だったのですが、皆さんのおかげで61位まできました!
50位以内を目指しています!50位以内入賞なるか!?乞うご期待!!
(ちなみに、クリックは1日1回のみ有効だそうです。)

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!



■管理人の小瀧が執筆したマニュアル:
『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』


■管理人が唯一信頼している愛用している酵素サプリメント:
『ウルトラ酵素サプリメント』


■管理人が短期間で痩せたい人にオススメしている脂肪燃焼セット:
『脂肪燃焼フルセット』


■管理人の小瀧が執筆した3ヶ月サポート付き有料ダイエットマニュアルで、あなたも本当のダイエット方法を学んでみませんか?⇒>> 『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』