食べた方がいいものの記事一覧:酵素ダイエット&食べ合わせダイエットで痩せる オフィシャルサイト

未来の記事へ 1 2 3 4 5 6 7 8 過去の記事へ

果物はメタボから救ってくれるお助けマン!

私の母が茨城の五浦海岸に観光にいってきのですが
その帰りに「水戸納豆」を買ってきてくれました。

 


納豆はもともと大好きなのですが、
茨城の納豆がこんなにも美味だとは
しりませんでした。

 


豆の香りがしっかりして、
ふっくら、やわらかで、

 


黄色い「からし」でなく、
「わさび」のようなものが
たれと一緒について
そばのつゆのようで美味しかった!^^

 


この納豆は「麦納豆」という商品名で
Googleで検索してもブログで1件しか
取り上げられていませんでした。

 


興味がある方がいらっしゃるかもしれませんので、
一応製品情報を書いておきますね♪


「麦納豆」
販売者:亀吉商店
TEL.0294-72-0682
茨城県常陸太田市馬場町62-1

 


ちなみに、納豆はアボカドと一緒に食べると
アボカドの天然良質な必須脂肪酸が摂取できますよ!!

 


さて、ブログランキングは
8位から1つ順位をあげて、現在7位です!
ありがとうございます!


引き続き、応援クリック
よろしくお願いいたします。^^


(クリック)⇒ 人気ブログランキングへ

 

■==================================================

 

前回の記事では、人類がもともとは
「果食動物(フルータリアン)だったのではないか」という
衝撃的なお話をしました。

 


もちろん、原始時代と現代では食糧事情も違い、
今は、野菜・豆類・肉類・魚介類など
いろいろな食べ物を簡単に手にする環境が整っていますから

 


果物を食べればなんとか飢えをしのげたという時代とは異なり、
果物だけを食べればいい、ということではありません。
(実際、野菜・豆類・肉類・魚介類など豊富な種類の食べ物を
 食べられるようになって、平均寿命はあがりました。)

 


私は、「果物の素晴らしさ」をもっと見直していいのではないか、
健康によくないお菓子・駄菓子・スナック菓子を食べるくらいなら
果物をもっと食生活に取り入れてほしい、と思って
この記事を書いています。

 


さて、エネルギー源として果物が優れているという
お話でした。

 


私たちの体のエネルギー源は「単糖類」と
呼ばれる糖です。

 


ごはんやパン、麺など、
米や小麦などの穀物に含まれている糖は「多糖類」。
砂糖は「二糖類」。

 


多糖類や二糖類を含むごはん・パン・麺・砂糖を食べても
それを体がエネルギーとして取り込むためには
「多糖類・二糖類」→「単糖類」に変換しなければなりません。

 


この、「多糖類・二糖類」→「単糖類」の変換に
大量の「酵素」と「エネルギー」が必要なのです!!

 


果物の素晴らしいところは、
ごはん・パン・麺・砂糖などと違い、

 


果物が熟す途中で、果物に含まれる「酵素」により
果物の中の糖質(炭水化物)を
果糖やブトウ糖のような「単糖類」に変える作業が
既に済んでいることにあります。

 


これにより、どのようなメリットが
私たちにあるでしょうか?

 


ごはん・パン・麺・砂糖などは
それを消化するときに
体の中の「酵素」と「エネルギー」
が大量に消費されてしまいます。

 


それに対して、果物はすでに「単糖類」として
糖質が変換されていますから、

 


体内に入ってきても、ほとんど
「酵素」と「エネルギー」を消費することなく
体に吸収することができるのです!^^

 


このメルマガ・ブログで何回もでてきていますが、
そのときに節約できた「酵素」と「エネルギー」は

 


脂肪の分解・体の浄化・デトックス・老廃物の排泄・組織の修復
にまわすことができるので、
痩せやすい体質・健康体質になることができるのです。

 


さらに、果糖は体内で吸収されるときに
インシュリンの助けを借りません。
果糖は直接細胞の中に吸収されていくのです。

 


ということは、インシュリンを分泌する
すい臓に負担をかけることなく
吸収することができるということです。

 


すい臓は現代人の体の中で最も酷使されている
臓器のうちの一つです。

 


あなたのすい臓、ちょっと休ませて
あげませんか!?
スナック菓子やスイーツの代わりに果物を食べれば
すい臓を休ませてあげることができますよ!!

 


さて、これだけ良いことづくめの果物。
でも、どんな食べ物でも「食べ過ぎ」は禁物です。

 


あなたが、おなかが空いてないのに
「ただなんとなく口寂しいから」とか
「ただなんとなく喉が渇いたから」などの表面的な理由で
果物を食べないで下さいね。

 


果物に「糖」が含まれているのは事実です。
ということは、当然「食べ過ぎ」れば
カロリーのとりすぎとなり
細胞に脂肪が蓄えられ、糖尿病につながる可能性が
でてきます。

 


朝食としての果物は
自分の手のこぶし3個~4個分くらいの
ボリュームを食べてもよいと思いますが、

 


おやつ1回分の分量は、
こぶし1個~2個分くらいまでに
しておきましょう。

 


この記事が、あなたのダイエットや健康に
参考になれば、うれしいです!^^

 


======================================================
まとめ

・人間のエネルギー源は「単糖類」。

・ごはん・パン・麺は「多糖類」。砂糖は「二糖類」。

・「多糖類・二糖類」→「単糖類」の変換に
 大量の「酵素」と「エネルギー」が必要。

・果物の糖質は果物の中の酵素のおかげで、すでに
 「果糖」「ブドウ糖」=「単糖類」に変換されている。
 ゆえに体内の「酵素」と「エネルギー」は浪費されない。

・節約された「酵素」と「エネルギー」が
 痩せ体質・健康体質にしてくれる。

・果物はすい臓にほとんど負担をかけない優れもの。

・果物でも「食べ過ぎ」には注意!
======================================================


この記事が、あなたのお役に立てていましたら、
あたたかい応援クリックを是非お願いいたします!^^
(クリック)⇒ 人気ブログランキングへ

 


今日も最後までお読み頂きまして
ありがとうございました!



■管理人の小瀧が執筆したマニュアル:
『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』


■管理人が唯一信頼している愛用している酵素サプリメント:
『ウルトラ酵素サプリメント』


■管理人が短期間で痩せたい人にオススメしている脂肪燃焼セット:
『脂肪燃焼フルセット』


未来の記事へ 1 2 3 4 5 6 7 8 過去の記事へ

■管理人の小瀧が執筆した3ヶ月サポート付き有料ダイエットマニュアルで、あなたも本当のダイエット方法を学んでみませんか?⇒>> 『酵素ダイエット方法! 3ヶ月で適正体重まで痩せる正当法。』